セキスイハイムの床暖房の仕組み

セキスイハイムの住宅設備の一つに「快適エアリー」というものがあります。これは一言で言うと床暖房なのですが、セキスイハイムの床暖房はひと味違います。

 

通常の住宅の床暖房ですと

 

床暖房

設置されている部屋だけがあたたまるようになっていますが

 

セキスイハイムの快適エアリーの場合ですと

 

冷暖房・除湿ユニットというものが床下に設置されており、その部分の部屋だけでなく、広い範囲をあたためることができるようになっているのです

 

これを壁掛けタイプのエアコンによる暖房と組み合わせることで、より高い暖房効果が得られるようになるわけです。家の中で生活する際には、部屋から出た時に寒さを感じるのがつらい部分ですが、これであれば廊下や玄関などの寒さを軽減してくれるものです。

 

快適エアリーで光熱費はどう変わるか

快適エアリー 光熱費

暖房を使用すると快適なのは助かりますが、光熱費がかかるのが気になるところです。ちなみにセキスイハイムの快適エアリーの場合ですが、他のタイプの暖房と比べてかなりの違いが出るのが注目ポイントです。

 

ヒーター式の床暖房の場合ですと

 

年間18万円ほどの光熱費がかかってしまうものですが

 

快適エアリーで採用しているのは

 

空気中の熱を汲み上げるヒートポンプ方式を採用しており、少ない電力で多くのエネルギーを生み出せるため、暖房効率が良くなります。結果として、光熱費を年間で何と7万円に収めることができますから、ヒーター式と比べると11万円もの差になるわけで、とてもお得感があると言えるでしょう。

 

実際に使ってみた時の効果

いくら、優れたシステムで快適さがある、暖房効率が良く光熱費が節約できる、といわれても、実際に使ってみるとどういった感じなのかが気になってしまうことでしょう。

 

実例としては

 

最高気温が10度もない12月の寒い日に、室内にいて半袖でも問題がないほどの快適さで過ごせるといったものがあります。この時期に半袖でいる人はなかなかいませんから、ほとんど問題がないと言えるレベルでしょう

 

ただし室温の快適さに比べ、床の快適さは若干劣る感じになるため、カーペットなどの工夫も考えておいた方が確実と言えるでしょう。そして実際の光熱費のかかり方ですが、一日中、前述した快適な室温を保っておくことができて200円ほどということですので、かなり効率は良いと言えるでしょう。

 

 

>>セキスイハイム 評判 TOP