セキスイハイムではどれくらい値引きがある?

家を建てる際に、できる限り費用面を削り、ローンの支払いなどを楽にしたいものです。セキスイハイムでもこうした値引きを行ってくれますが、どれくらいの値引きとなるかはその人の交渉次第と言えそうです。お客さんの側から持ちかけてこなかった場合、わざわざディスカウントする必要がないからです。

 

反対に別のハウスメーカーに見積もりを出しているようなお客さんの場合には相場もわかっているため、この部分をなんとか下げるので契約してほしいと業者の方からお願いすることになります。決算期や年末、年度末のノルマの関わる時期には契約優先となり、値引き率も上がり、10%のダウンさせることも十分可能になります

 

セキスイハイムの坪単価はどれくらい?

セキスイハイムには鉄骨系のものと、木質系のもの2種類あり、2階建てや3階建て、ツーバイシックス、ツーバイフォーという種類によっても坪単価は変わってきます。この中ではツーバイフォーが1坪あたり65万円から75万円、鉄骨2階建てが65万円から80万円、ツーバイシックスでは70万円から80万円、鉄骨3階建てでは70万円から85万円の間となっています。

 

平均ではだいたい70万円から75万円が相場となっており

 

値引きする際には坪単価に換算し、割安なのか割高なのかをチェックしたうえで判断するとともに、同じ価格帯のハウスメーカーにも見積もりを出すことで値下げ率を高めるという戦略が求められます。

 

提携企業割引は存在するの?

一般企業の福利厚生の観点において、ハウスメーカーと提携し、社員もしくは家族が契約した場合、通常の価格からいくらか値下げをしてくれる提携企業割引というものが全体的に行われており、セキスイハイムもその中の1つです。3%の値引き率に設定してあるところが多く、多少前後することはあっても、特定の会社だけ率が高いということはありません。

 

しかし、中にはこうした提携企業割引をしない方がいい場合もあります。これは紹介企業に紹介料を支払わなければならず、いずれにせよ、ハウスメーカー側はそれ相応の出費をしなくてはならないからです。そのため割引を使わない方がむしろ値下げしてもらえることもあるので、駆け引きの材料にすることをおすすめします。

 

 

>>セキスイハイム 評判 TOP